マジで安い…驚きのプランを厳選しました

【91点】帝国ホテルのビュッフェ『サール』は伝説を創った名店です

 

こんにちは。

まりもです。

ビュッフェ歴は30年以上。

都内のホテルビュッフェは、すべて制覇しました!

 

この記事は、

・サールってどんなお店だろう?

・口コミ、評判はいいのかな?

・お得に予約する方法はあるの?

ペコ

 

 

 

といったことが分かる内容になっています。

 

グルメシュランのコーナーでは、「サール」に91点をつけた理由が詳しく書いてあります。

記事の最後にあるのでお楽しみに!

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
口コミをみる

ポイント
サールは予約が大変取りづらいので、同じく「ホテル御三家」のホテルニューオータニを一緒に検討することをおすすめしています。ホテルニューオータニの『6つのビュッフェ』を徹底比較

帝国ホテルの場所

サール(帝国ホテル)のビュッフェの外観帝国ホテルは日比谷駅内幸町駅が最寄りになります。そのほかにも、銀座や有楽町からもアクセスが可能です。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのレストラン入口今回ご紹介する『サール』は、帝国ホテルの17階にあります。

帝国ホテル『サール』のビュッフェ

料理

メニューは約40種類

モグくん

まずは、コールドミール!

サール(帝国ホテル)のビュッフェのサラダコーナーサラダコーナーには、フレッシュな野菜が氷の上に並べられていて、とってもキレイです。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのスモークチキンと西洋牛蒡のピューレアンチョビソースが決め手の『スモークチキンと西洋牛蒡のピューレ』。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの合鴨とオレンジのパテ『合鴨とオレンジのパテ』

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのサーモン肉厚の『サーモン』は、溜め息がでる美味しさ。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのポテトサラダそしてこちらの『ポテトサラダ』は、オープン当初からある伝統のメニューです。

クラシックな味わいは、サールの歴史に触れることのできる逸品です。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの薩摩芋と小海老『薩摩芋と小海老のヨーグルトソース和え』

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのジェノベーゼ『クスクスとサラミのジェノベーゼ』

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのニース風サラダニシンのマリネとポテトを使った『ニース風サラダ』。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのシーフードマリネ『サール』オススメメニューの『シーフードマリネ』。

オリーブが味のアクセントになっています。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの仔牛の牛タンカリフラワーとクレソンを添えた、『仔牛の牛タン』。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの冷製スープ『コンソメと林檎の冷製スープ』。
この意外な組み合わせが、感動的な美味しさでした。

 

モグくん

続いて、ホットミール!

サール(帝国ホテル)のビュッフェのクリーム煮西京味噌を使ったクリームソースで味付けされた『サーモンと白菜のクリーム煮』。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのミートボールリンゴベリーソースを使った『ミートボール』。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの温野菜付け合せにピッタリの『温野菜』。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのイトヨリ鯛の白ワイン蒸しアサリと蟹の甘酢あんかけがかかった『イトヨリ鯛の白ワイン蒸し』。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの揚げ物『メンチカツ』と『チキンのから揚げ』

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの五穀米ピラフシーフードがたくさん入った『五穀米ピラフ』。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのトマトと白身魚のパスタ『トマトと白身魚のパスタ』

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのハッシュドビーフオープンキッチンにはカレーコーナーもあり、シェフに頼んで盛り付けてもらいます。

野菜たっぷりの伝統のビーフカレー』が『サール』のオススメメニューだったのですが、今回うっかり『ハッシュドビーフ』を頼んでしまいました。

しかし、『ハッシュドビーフ』もじっくり煮込んで作ったことが分かる深い味わいで、食べて大正解でした。

カレーコーナーで使用しているお米は、茨城県産のコシヒカリ。

全てに手を抜かないのもさすがですね。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの人参のクリームスープスープもあります。

こちらは『人参のクリームスープ』。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのパン1今回はパンコーナーにもとても感動しました。

一つひとつのクオリティが本当に高い!

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのパン3さらに美味しさを倍増させるのが、帝国ホテルオリジナルの特選発酵バター。

こちらは1階のペストリーショップ『ガルガンチュワ』でも販売している、高級バターです。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのカマンベールチーズ高級ビュッフェには欠かせないチーズコーナーも充実していました。

こちらは『カマンベールチーズ』。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのパルミジャーノ・レッジャーノ『パルミジャーノ・レッジャーノ』

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのローストポーク再びオープンキッチン。

目の前でローストされているポークを切り分けてくれます。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのチェリートマトソース『ローストポーク』は、生姜風味のチェリートマトソースでいただきます。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの牛フィレ肉のパイ包み焼きそしてこちらは、『サール』目玉ニューの『牛フィレ肉のパイ包み焼き』。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの牛フィレ肉のパイ包み焼き2やわらかい上質なお肉の周りをサクサクなパイが包む、帝国ホテルならではの絶品メニュー。

赤ワインソースの深い味わいが、絶妙なハーモニーを奏でています。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのオープンキッチンこちらのオープンキッチンでは、注文を受けてから、小さな鍋に調理してくれます。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの小鍋料理その中身はこちら!

  • (左奥)『ポテトニョッキと海老のポルチーニソース』
  • (手前)白インゲン豆が入った『シュークルートとアイスバイン』
  • (右奥)『エスカルゴの香草クリームソース』

ビュッフェでエスカルゴがいただける所はなかなかありません。
香草のクリームソースも非常に濃厚で美味しかったです。

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
口コミをみる

デザート

『サール』は、デザートも高クオリティ!

サール(帝国ホテル)のビュッフェのグラスデザートグラスデザートは、

  • (左)アグリューム(柑橘)スープがかかった『パンナコッタ』
  • (右)『コーディアルゼリー』
  • (後ろ)『マロンクリーム』

香りも豊かで、マロンそのものを食べているような味わいでした。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのチョコバナナムース色合いもカワイイ『チョコバナナムース』。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのブルーベリーレアチーズサッパリしたテイストのケーキが食べたい時にピッタリの『ブルーベリーレアチーズ』。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのフルーツタルト『フルーツタルト』に乗っているフルーツも、ボリューム満点!

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのチーズケーキしっとり食感の『チーズケーキ』。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの苺のショートケーキ上質な生クリームをたっぷり使った『苺のショートケーキ』。

苺も甘みがあり、大満足でした。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのシャルロットフレーズ立派な苺が乗った『シャルロットフレーズ』。

中はベリーのムースとチョコレートのスポンジが何層にもなっています。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのマロンロール『マロンロール』は、中のマロンクリームも非常に上品です。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのプリンクラシックな味わいの『プリン』。

カラメルソースをかけていただきます。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのフレッシュフルーツフレッシュフルーツは、

  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • ライチ
  • キウイ
  • パイナップル

がありました。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのアイスクリームアイスクリームやシャーベットは、全部で8種類。

一つひとつ濃厚な味で、全制覇したくなる美味しさです。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのアイスクリームとトッピングチョコレートとピスタチオのアイスクリーム。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのチェリージュビリーバニラアイスクリームにかける『チェリージュビリー』。

こちらも帝国ホテルの定番メニュー で、肉厚のチェリーをキルッシュとともに煮込んだ、大人の味わいです。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの伝統のデザート温かいソースがバニラアイスクリームと混ざり、とろける美味しさを味わうことができる、至福のデザートです。

ドリンク

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのアイスティービュッフェには、コーヒー・紅茶(ホット・アイス)が含まれています。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのアイスコーヒードリンクは、ホテルの方に頼んで持って来てもらうスタイルです。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの紅茶途中で飲み物を変更することも可能です。

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
口コミをみる

帝国ホテル『サール』の席

『サール』の総席数は200席。店内も歴史を感じさせる素敵な内装です。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの2名席ビュッフェ台の前には、2名掛けの席がたくさん並んでいます。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの会食用の席個室はありませんが、人数が多くなる場合も、テーブルを付けてある程度の人数まで対応可能です。

この日も15名程のテーブルが複数ありました。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの窓際の席こちらは窓側の特等席。

窓からは日比谷公園の景色が望めます。

テーブルが大きいので2名での利用は難しそうです。

皆3名以上で利用していました。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの席ビュッフェ台からは離れますが、落ち着ける奥の席も景色が素晴らしく、なかなか良い感じでした。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの景色都心のど真ん中に居ながら、静かな景色を見ながら美味しい食事を食べられるのは、至福の時ですね。

帝国ホテル『サール』の客層

「友達と落ち着いてランチがしたい」
「こどもを連れて行きたい」

お店に求める雰囲気は人それぞれ。

『サール』の気になる客層はこちら。

サール(帝国ホテル)のビュッフェの客層

『サール』の客層は、帝国ホテルの安定感を求める方ばかりで、年齢層も高めでした。

ご夫婦での来店も多く見受けられましたが、10名前後の会食も複数開催されていました。

ですが、適度なざわざわ感があるため、声は全く気になりませんでした。

4歳から発生するこども料金もかなりのお値段のためか、この日、こどもの姿は見当たりませんでした。

総じてこどもの来店は少なそうです。

帝国ホテル『サール』の予約プラン

そして一番気になるのがビュッフェのお値段。
ランチの通常料金は、平日6,050円(税サ込)、休日6,600円(税サ込)です。

モグくん

通常価格はイヤ!お得なプランはないの?

あります。

6,050円→5,000円にさらにワンドリンクがついたプランがありました。

一休の割引プラン

最も安い予約サイトは?

・一休     ◎
・オズモール  ✕
・食べログ   ✕
・ぐるなび   ✕

⇒ 調査した時は一休のプランが最安でした。

プランは時期によって変わってくるので、定期的にチェックしてみてください!

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
口コミをみる

(採点)グルメシュラン!!

ここで、グルメシュランのコーナー!

総合得点

『サール』の総合得点は!!
得点

種類客層料金接客
50点8点10点8点6点9点
まりもの採点基準を大公開

残念なところ

  • 予約がしづらい

帝国ホテルはなかなか割引プランでの予約がとれません。

通常料金で予約してしまうリピーターがたくさんいるからです。

予約できなくて困っている方は、同じ「ホテル御三家」のホテルニューオータニをおすすめしています。

こちらの記事もご覧ください。

ホテルニューオータニの『6つのビュッフェ』を徹底比較

良かったところ

  • 料理やデザートのクオリティが素晴らしい
  • 料理の種類が多い
  • 歴史を感じる素敵な内装

料理の味は抜群に美味しかったです。

流行りに目を付けた料理ではなく、帝国ホテルの歴史を感じさせる、伝統的な料理だったことも素敵でした。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェの美味しかった肉のパイ包みお肉にかけるソースひとつとっても、もの凄く手間がかけられていることが分かる味わい深さ。

長年通っているお客さんは、『サール』の料理を食べると、我が家に帰って来た様な気持ちになるのだろうなと思いました。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのビュッフェ台また、『サール』は料理の種類も非常に豊富です。

一休には40種類と記載されていましたが、実際に数えたところ、60種類以上ありました。

それだけの種類があるにも関わらず、数合わせの様に置かれている料理は一つもありません。

どれも『サール』のビュッフェを構成する上で、重要なポジションを担っている料理ばかりでした。

また料理だけでなく、パンやデザートにも抜かりがなかったのは、さすがだなと思いました。今回料理やデザートを食べながら、何度「美味しい!」と言ったか、数えきれません。

美味しいホテルビュッフェはたくさんありますが、『サール 』の料理のレベルは唯一無二の存在です。

 

サール(帝国ホテル)のビュッフェのオープンキッチンの景色空間も非常に心地よいです。

ビュッフェ専門のレストランだけあり、ビュッフェ台への導線も良いため、列ができることなく快適なのも良かったです。

窓から見える景色だけでなく、席から見るオープンキッチンも、なかなか素敵な景色です。

これからも、ビュッフェ発祥の地として歴史を刻み続ける『サール』に、また足を運びたいなと思える料理と空間でした。

これらを踏まえると、『サール』の総合得点は91点  でした。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、帝国ホテル「サール」をご紹介しました。

自分好みのお店なのかお分かりいただけましたか?

気になる方のために、サイトの比較をもう一度。

最も安い予約サイトは?

・一休     ◎
・オズモール  ✕
・食べログ   ✕
・ぐるなび   ✕

⇒ 調査した時は一休のプランが最安でした。

プランは時期によって変わってくるので、定期的にチェックしてみてください!

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
口コミをみる
 

もっとリーズナブルな予算でビュッフェをお探しの方はこちらの記事も参考にしてみてください。

【2,999円以下】神コスパ過ぎる!お得感満載のビュッフェBEST5 【3,500円以下】ひとつ上の贅沢が断然お得に!神コスパなホテルビュッフェBEST3
error: Content is protected !!