人気店のサマ割が解禁!驚きのプランはこちら!

【87点】東京ドームホテル「リラッサ」で豪華なビュッフェを堪能してきた

 

こんにちは。

まりもです。

ビュッフェ歴は30年以上。

都内のホテルビュッフェは、すべて制覇しました!

 

この記事は、

・リラッサってどんなお店だろう?

・口コミ、評判はいいのかな?

・お得に予約する方法はあるの?

ペコ

 

 

 

といったことが分かる内容になっています。

 

グルメシュランのコーナーでは、「リラッサ」に87点をつけた理由を書きました。

最後にあるのでお楽しみに!

 

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
OZmallで探す

東京ドームホテルの場所

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|外観『リラッサ』は東京ドームホテルの中にあります。

最寄りは水道橋駅か、後楽園駅です。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|入口『リラッサ』はホテルの3階にあります。

人気のため、入場前の入口にはいつも長い行列が!

開始時間の10~15分前あたりから席に通してもらえるので、早めにホテルに着いたらお店に行くのをオススメします。

東京ドームホテル「リラッサ」のビュッフェ

まずは、料理を知らなきゃ始まりません。

シェフ自らが珍しい食材や旬のものを探し、ビュッフェに取り入れているというだけあって、珍しい食材がいっぱいです!

料理

モグくん

まずは、洋食コーナー!

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|サラダフレッシュな野菜が並ぶ、『サラダコーナー』。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|オニ豚丼ガッツリ男子に大人気の『オニ豚丼』は、ご飯の上に乗せて。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|海老と白身魚のあんかけ『海老と白身魚のあんかけ』

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|オムレツ北海道愛別町のジャンボ舞茸と長いもを使った『オムレツ』。

実際にディスプレーされていた舞茸は、本当にジャンボでした。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|つくね甘酢何個でも食べらてしまいそうな『つくね甘酢』。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|野菜のナージュ当別町高橋農産のカリフラワーが入った『野菜のナージュ』。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|ピッツァステーションこちらはお好みの具材を選んでシェフに焼いてもらう『ピッツァステーション』。

ペコちゃん

自分だけのアツアツピッツァが食べられるのは嬉しいね!

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|ローストビーフ大人気の『ローストビーフ』。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|ローストビーフ2ローストビーフはとても柔らかく、満足度が高かったです。

 

モグくん

続いて、中華コーナー。

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|シュウマイ中華コーナーも充実しています。
こちらは『シュウマイ』。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|ジンギスカン焼そば『ジンギスカン焼そば』

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|チリソース北海道根室市のタコとイカを使った『チリソース』。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|当別町のスティックセニョールとかみこみ豚の炒め『当別町のスティックセニョールとかみこみ豚の炒め』。

また、『かもこみ豚』は、とても脂身の多い豚で、100頭に約3頭しかいません。必食です!

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|黒ムツの葱生姜風味蒸し『黒ムツの葱生姜風味蒸し』

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|揚げ餃子目の前で揚げているサクサクの『揚げ餃子』。

モグくん

最後に、和食コーナー。

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|そば『日本そば』は、冷たいままか、鍋で湯がいて温かいそばにすることができます。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|温野菜せいろで蒸した『温野菜』。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|カニそしてみんなの大本命、北海道直送の『カニ』!

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|カニ2太めの足には身もしっかり入っていたので、とても美味しかったです。

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
OZmallで探す

東京ドームホテル『リラッサ』のビュッフェ【デザート】

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|カップケーキカラフルな『ミニカップケーキ』には、ついつい目を奪われます。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|ガトーショコラ『ガトーショコラ』

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|ストロベリーケーキ『ストロベリーケーキ』。上にのっている生クリームがたまりません。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|フルーツカクテルフレッシュフルーツが入った『フルーツカクテル』。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|白玉ぜんざい『白玉ぜんざい』

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|牛乳ソフトクリーム北海道産の牛乳を100%使った大人気の『牛乳ソフトクリーム』。
濃厚でありながらも、サッパリした味わいが特徴です。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|オリジナルソフトベアークッキーやチョコをたくさんト乗せてみました。

みなさんも、かわいくデコレーションしてみてくださいね。

東京ドームホテル『リラッサ』のビュッフェ【ドリンク】

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|ドリンクコーナー1ソフトドリンクも充実しているので、追加でドンクをオーダーする必要がないのもいいですね。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|ドリンクコーナー3紅茶もひと通り揃っています。
コーヒーマシーンもあるので、ヒットコーヒーやカフェラテも飲むことができす。

※ドリンクバーの種類

・コーヒー
・紅茶
・オレンジジュース
・グレープフルーツジュース
・その他、ソフトドリンク各種

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
OZmallで探す

東京ドームホテル『リラッサ』の席

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|席1『リラッサ』は、ビュッフェエリアと客席エリアが完全に分けられいます。

人数によって、いかようにでもテーブルを付けれてるので、大人数でも対応できます。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|席2堅苦しくないので、こども連れや仲間で気軽にビュッフェを楽しむにはピッタリです。

一休の予約プラン

そして一番気になるのがビュッフェのお値段。

ランチの通常料金は、大人3,132円

結構リーズナブルですね。

【通常料金】

おとな3,132円
こども(4歳~小学生)1,404円

『リラッサ』の良いところは、平日も土日も値段が一緒という点です。

休日は混んでいるにも関わらず値段が跳ね上がってしまうビュッフェも多い中、とても良心的ですよね。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|一休ちなみに、ディナーは4,860円からありました。

 

最も安い予約サイトは?

・一休     ◎
・オズモール  ✕
・食べログ   ✕
・ぐるなび   ✕

⇒ 調査した時は一休のプランが最安でした。

プランは時期によって変わってくるので、定期的にチェックしてみてください!

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
OZmallで探す

(採点)グルメシュラン!!

ここで、グルメシュランのコーナーです!

総合得点

種類客層料金接客
45点9点8点8点8点9点
まりもの採点基準を大公開

良かったところ

  • 料金がリーズナブルで、土日も平日と同じ料金
  • 料理もデザートも品数が豊富
  • 店員さんの手際が良い

最大の魅力は、料金がリーズナブルなのにも関わらず、圧倒的な品数を楽しめることです。

約3,000円で50種類以上の品数は前代未聞。

また、カジュアルな雰囲気なので仲の良い友人同士や家族でワイワイするには最適です。

人気が出ると値上げをするお店が多い中、好感が持てますね。

店員さんもビュッフェの接客が慣れている感じで終始機敏に動いており、安心感がありました。

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|カニ一番気に入った料理は、もちろん北海道直送の『カニ』!

 

リラッサ(東京ドームホテル)のビュッフェ|カニ2ビュッフェで蟹が食べられるって贅沢ですよね!

これらを踏まえると、『リラッサ』の総合得点は87点 でした。

 

『リラッサ』は連日行列ができるの超人気店です。

大迫力のビュッフェを気軽に楽しめますので、一度も行ったことのない人は是非行ってみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、東京ドームホテル「リラッサ」をご紹介しました。

自分好みのお店なのかお分かりいただけましたか?

気になる方のために、サイトの比較をもう一度。

最も安い予約サイトは?

・一休     ◎
・オズモール  ✕
・食べログ   ✕
・ぐるなび   ✕

⇒ 調査した時は一休のプランが最安でした。

プランは時期によって変わってくるので、定期的にチェックしてみてください!

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
OZmallで探す

error: Content is protected !!