マジで安い…驚きのプランを厳選しました

【86点】滝と楽しむ優美な空間『カナデテラス』のビュッフェ!ホテル雅叙園東京

 

こんにちは。

まりもです。

ビュッフェ歴は30年以上。

都内のホテルビュッフェは、すべて制覇しました!

 

この記事は、

・カナデテラスってどんなお店だろう?

・口コミ、評判はいいのかな?

・お得に予約する方法はあるの?

ペコ

 

 

 

といったことが分かる内容になっています。

 

グルメシュランのコーナーでは、「カナデテラス」に86点をつけた理由が詳しく書いてあります。

記事の最後にあるのでお楽しみに!

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
口コミをみる
 

ホテル雅叙園の場所

雅叙園は、目黒駅西口から徒歩3分。行人坂を下ると、左手に見えて来ます。

館内を進むと、そこはもう別世界!

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェの橋川にかかる橋を渡ると、

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェの門大きな入口が現れます。実はここ、『千と千尋の神隠し』の湯屋のモデルにもなったそうです。 確かに似ていますね。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェの滝さらに進むと滝が現れました!
まさか都心で滝が見られるなんてビックリです。

雅叙園『カナデテラス』のビュッフェ

料理

まずは、料理を知らなきゃ始まりません。

実は、事前に『カナデテラス』の写真を見てかなり期待していました。

ペコちゃん

これは絶対イケてる
その予想は見事に当たりました。
演出、味、コンセプト、空間、接客ともに、とにかく素晴らしかったです。

何より良いのが、取り皿を含めた食器へのこだわり。
料理が映える和食器に盛り付ける楽しさは格別でした。

 

モグくん

まずはコールドミール!

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのサラダアメ色の木箱の中に、フレッシュな野菜が美しくディスプレイされています。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのコールドミールお店の名前の通り、『奏でる』ような演出で料理が並べられていました。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのスタイルブレッドこちらは色鮮やかな『スタイルブレッド』。
ブルマンライス・抹茶・竹炭の3種類がありました。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのキャロットラぺ『キャロットラペ』

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェの彩りビーンズ『三種の豆サラダ』

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのズッキーニサラダ『ズッキーニのサラダ』。2色使いがキレイですね。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのエスカベッシュほどよい酢かげんの『エスカベッシュ』。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのカリフォルニアロールサーモンとアボカドが入った『カリフォルニアロール』も、とっても美しい!

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのパンこちらのパンも丁寧に作られたことがひと目で分かります。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのオイルこだわりの『オリジナルブレッドスプレッド』(小松菜・はちみつクリームチーズ・ジェノバソース・オリーブオイル)もあり、パンも一味違った楽しみ方ができました。

 

モグくん

続いてはホットミール

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのマカロニチーズ『マカロニチーズ』

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのソーセージグリル  本格的な『ソーセージグリル』。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのメカジキのグリル『メカジキのグリル』

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェの揚げカリフラワー『揚げカリフラワーのアンチョビ風味』

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのジャーマンポテトホクホクの『ジャーマンポテト』には、キノコとベーコンも入っています。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのスパゲティー『じゃことレモンのスパゲティ』。
スパゲティはベタベタしておらず、じゃことレモンの風味が効いていて、とってもに美味しかったです。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのポタージュそしてこれも絶品だったのが、『季節野菜のポタージュ』。
素材が活きた、コクと甘みのある味が最高でした。

 

モグくん

そして、いよいよお待ちかねのグリルコーナー!

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのグリル台これがウリなだけあり、ビュッフェ台の中央にあるグリル台は一際目立ちます。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのグリル2グリルされた肉を、シェフが切り分けて提供してくれます。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェの牛もも肉まずは、『牛もも肉のグリル』。
肉がやわらかくてジューシーで、とにかく美味しい!!

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェの鶏もも肉『鶏モモ肉のグリル』も。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのスペアリブなんと、『スペアリブ』までありました!

 

ソースの種類もたくさん用意されているので、肉の種類によって使いわけて味を楽しめます。

  • 粒マスタード
  • ジャポネソース
  • バルサミコとエシャロット
  • ジンジャBBQソース
  • オレンジBBQソース
  • 山椒風味のBBQソース
  • 岩塩
これだけお肉に重点をおいたビュッフェはなかなかありません。
肉好きの方は絶対に満足できるビュッフェです!

デザート

和のエッセンスを取り入れた美しいデザートは、本当に素敵でした。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのパンナコッタ『赤い果実のパンナコッタ』

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのカシスのムース『カシスのムース』は絶品です。
カシスやマスカットの甘酸っぱさと、さっぱりしたチーズクリームのバランスが最高で、思い出しただけでまた食べたくなるデザートです。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェの栗と抹茶の羊羹『クリと抹茶の羊羹』

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのジュレ色味も味もさわやかな『早生柿のコンポート 桂花陳酒のジュレ』

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのムースショコラ見た目もかわいらしい『ムースショコラ』

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのリモーネフロマージュ『リモーネフロマージュ』

ドリンク

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのドリンクコーヒー・紅茶(ホット・アイス)がビュッフェに含まれています。
アイスはお店の方に頼んで持ってきてもらいます。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのドリンク2ホットドリンクは、コーヒーマシーンから自分で作って持ってきます。
ホット用のカップも料理皿とセットになっていて、とにかく粋。

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
口コミをみる

雅叙園『カナデテラス』の席

『カナデテラス』の総席数は144席。ホテルの廊下との間に壁がないため、店内はかなり開放的です。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェの席1店内の通路も広く、人通りが気になることなく落ち着いて食事ができます。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェの席2廊下側の席は長い廊下と面しており、パワースポットとなっている滝を見ながら食事ができます。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェの席3こちらはデザートエリアにあるソファー席。ひとつしかないので、レア席です。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェの席4珍しいスクエアのテーブルもありました。

雅叙園『カナデテラス』の予約プラン

そして一番気になるのがビュッフェのお値段。

公式ホームページによると、平日ランチはおとな3,564円(税サ込)でした。
【通常料金】

平日3,564円
土休日4,039円

モグくん

通常価格はイヤ!お得なプランはないの?

一休からの予約がお得でした

一休を利用するとワンドリンクが付いて平日3,400円とお得な価格で楽しめます。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェの一休のプラン

ディナーではビュッフェはやっていません。

ランチタイム限定です。

 

最も安い予約サイトは?

・一休     ◎
・オズモール  〇
・食べログ   △
・ぐるなび   △

⇒ 調査した時は一休のプランが最安でした。

プランは時期によって変わってくるので、定期的にチェックしてみてください!

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
口コミをみる

(採点)グルメシュラン!!

ここで、グルメシュランのコーナー!

総合得点

『カナデテラス』の総合得点は!!

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのまりもの点数

種類客層料金接客
44点7点9点9点8点9点
まりもの採点基準を大公開

残念なところ

  • なし

厳しい目でチェックしていますが、残念なところはありません。
目黒駅からの坂が辛い…唯一気になるとしたら、これくらいでしょうか。

良かったところ

  • グリルの肉が充実している
  • 和と洋を意識した空間が素敵
  • 料金も3,000円台でリーズナブル

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェの肉のグリルオープンキッチンの窯で調理する焼き立ての肉と調味料の種類が多く、組み合わせは無限大。男性も満足できるボリュームです。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェのデザートデザートもおいしくて、何度もおかわりました。見た目も素敵です。

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェの雰囲気また、内装も素晴らしいです。

和洋が融合した大人の空間は、センスの良さが際立っていました。

雅叙園というイメージからホテルビュッフェを連想する方はまだ少ないかもしれませんが、『カナデテラス』は非常にバランスが取れており、絶対に行って損のないお店です!

これらを踏まえると、『カナデテラス』の総合得点は86 でした。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ホテル雅叙園東京「カナデテラス」をご紹介しました。

自分好みのお店なのかお分かりいただけましたか?

気になる方のために、サイトの比較をもう一度。

最も安い予約サイトは?

・一休     ◎
・オズモール  〇
・食べログ   △
・ぐるなび   △

⇒ 調査した時は一休のプランが最安でした。

プランは時期によって変わってくるので、定期的にチェックしてみてください!

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
口コミをみる
もっとリーズナブルな予算でビュッフェをお探しの方はこちらの記事も参考にしてみてください。

【2,999円以下】神コスパ過ぎる!お得感満載のビュッフェBEST5 【3,500円以下】ひとつ上の贅沢が断然お得に!神コスパなホテルビュッフェBEST3
error: Content is protected !!