人気店のサマ割が解禁!驚きのプランはこちら!

ホテル雅叙園東京のランチビュッフェ|カナデテラス【滝と楽しむ優美な空間】

 

こんにちは。

まりもです。

ブッフェ歴は30年以上。

都内のホテルブッフェは、すべて制覇しました!

 

この記事は、

カナデテラスってどんなお店だろう?

・口コミ、評判はいいのかな?

・お得に予約する方法はあるの?

ペコ

 

 

 

といったことが分かる内容になっています。

 

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
OZmallで探す

ホテル雅叙園東京のカナデテラス【場所】

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|外観ホテル雅叙園東京は目黒駅西口から徒歩3分。行人坂を下ると、立派な建物が見えて来ます。

館内に一歩足を踏み入れると、そこはまるで異世界!

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|内観館内には創業時より受け継ぐ美術工芸品の数々が配され、日本文化の贅を尽くした豪華絢爛な空間が広がっています。

ホテル雅叙園東京のランチブッフェ【料理】

今回は、洋食に和のエッセンスを加えたメニューが特徴の、

ニューアメリカングリル「カナデテラス」のランチブッフェをレポート!

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|サラダ和の趣溢れる店内にセンスよく配されるサラダは、まるで宝箱のような木箱に入っています。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|前菜前菜のコーナーも美しく並べられ、どれも美味しそう!

食材が生き生きとしていて、食欲をそそります。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|タコのマリネみずみずしいタコとシャキシャキ食感の水菜などが合わさったマリネは、とってもヘルシー。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|ビーンズサラダまた、数種類のビーンズが入ったサラダにはベビーホタテも入っており、意外な食の共演も楽しめます。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|エスカベッシュ色鮮やかなパプリカやニンジンに加え、ごぼうがアクセントになった和洋野菜とエスカベッシュ。

甘酢がじっくりと染み渡ったエスカベッシュは、疲れた身体が目覚めるようなスッキリとした味わい。

 

モグくん

続いてはホットミール

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|フライサクサクの衣と柔らかい鶏むね肉を使ったフライは、甘みと酸味が効いたトマトソースでいただきます。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|煮込みハンバーグ甘辛いソースでじっくり煮込んだハンバーグは、中までしっかりソースが染み込み、絶妙な美味しさ。

ハンバーグもふんわりとした食感なので、重すぎないのも素敵です。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|ホットミールほかにも、柚子胡椒がアクセントになったペペロンチーノや、ピリっとした生姜風味のピラフなど、

和のテイストがひと手間加わり、カナデテラスならではの美味しさになっています。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|グリルそして、カナデテラスの醍醐味は、ライブキッチンで焼き上げるグリル料理!

しかも、ただのグリルではありません。

牛肉は塩水に短時間漬け込むことで、肉全体に下味をつけ、さらに柔らかさもアップ!

また、グリルする直前にブイヨンスープを噴射することで、ジューシーに仕上げるというこだわり。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|肉チキンには青山椒と塩水を混ぜた液体に漬け込み下味をつけることで、風味豊かな味わいを楽しむことができます。

さらに、さまざまな味を楽しめるようオリジナルソースも充実!

柔らかくてジューシーな肉をお腹いっぱい味わえる、贅沢ブッフェです。

ホテル雅叙園東京のランチブッフェ【デザート】

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|デザートデザートコーナーは和の雰囲気!

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|スイーツケーキやグラスデザートなど種類も豊富に揃っており、時間いっぱい食後のデザートを満喫できます。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|スイーツ盛り合わせブラックタピオカ入りのココナッツミルクや、なめらか食感のカスタードプリンなど、バラエティーに富んだラインナップでした。

 

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
OZmallで探す

ホテル雅叙園東京のランチブッフェ【ドリンク】

ブッフェには、コーヒー・紅茶が含まれています。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|ドリンクアイスはお店の方にオーダーすると持ってきてくれます。

またホットドリンクは、コーヒーマシーンから自由に運ぶスタイルです。

ホテル雅叙園東京のカナデテラス【席】

カナデテラスの総席数は144席

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|席洋風のスタイルの中に和の趣を取り入れた店内は、洗練されていてとにかくオシャレ!

店内の一部はホテルの豪華な廊下に面しており、その先にある滝を見ながら食事ができる開放的な空間になっています。

ホテル雅叙園東京のランチブッフェ【料金】

最後に料金を確認しましょう。

通常料金

平日のランチブッフェは4,149円(税サ込)でした。

モグくん

通常価格はイヤ!お得なプランはないの?

あります。

一休.comからの予約がお得でした

一休を利用すると、22%offの 4149円→3,200円(税サ込)のプランが出ていました!

こちらはタイムセールなのでお早めに!

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|お得プランちなみにオススメは、東京都指定有形文化財にもなっている「百段階段」とセットになっているプラン!

通常料金 5,749円→4,200円の、26%off!

シーズンごとに趣向を凝らした展示を、豪華な「百段階段」の間にて鑑賞することができます。

 

最も安い予約サイトは?

・一休     ◎
・オズモール  〇
・食べログ   △
・ぐるなび   △

⇒ 調査した時は一休のプランが最安でした。

プランは時期によって変わってくるので、定期的にチェックしてみてください!

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
OZmallで探す

グルメシュラン!!

ここで、グルメシュランのコーナー!

感想

カナデテラスのブッフェは約2年ぶりの再訪でしたが、相変わらず素晴らしかったです。

3,000円台とリーズナブルにも関わらず、食材やひと手間かける調理へのこだわりはさすがです。

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|肉グリルまた、グリル仕立ての肉を心ゆくまで堪能できるのはスゴイ!

カナデテラスでは、夜はアラカルトメニューを提供しているのですが、そこで提供される肉と同じ品質の肉がブッフェで食べ放題なんです!

 

カナデテラス(ホテル雅叙園東京)のビュッフェ|前菜盛り合わせまた前菜はどれも美しく、1つのメニューに対してたくさんの食材が使われているのも、ひと手間を惜しまないカナデテラスならでは。

ブッフェでありながら健康的なメニューを堪能できるのは、女性にとっても嬉しいポイントですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ホテル雅叙園東京のニューアメリカングリル「カナデテラス」をご紹介しました。

自分好みのお店なのかお分かりいただけましたか?

ちなみに、ディナーは気軽に利用することができるアラカルトメニューを提供しています。

 

「塩水マリネのローストチキン」や「国産牛フィレ肉のフォアグラ味噌のパテ」など、人気メニューも1品あたり1,500円前後とリースナブル!

 

美味しい料理を堪能しながらゆっくり過ごすディナーもオススメです。

 

気になる方のために、サイトの比較をもう一度。

最も安い予約サイトは?

・一休     ◎
・オズモール  〇
・食べログ   △
・ぐるなび   △

⇒ 調査した時は一休のプランが最安でした。

プランは時期によって変わってくるので、定期的にチェックしてみてください!

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
OZmallで探す

error: Content is protected !!