人気店のサマ割が解禁!驚きのプランはこちら!

ヴェンタリオ|マンダリンオリエンタル東京のランチビュッフェ【荘厳な地中海料理】

 

こんにちは。

まりもです。

ビュッフェ歴は30年以上。

都内のホテルビュッフェは、すべて制覇しました!

 

この記事は、

マンダリンオリエンタル東京のビュッフェってどんな感じだろう?

・口コミ、評判はいいのかな?

・お得に予約する方法はあるの?

ペコ

 

 

 

といったことが分かる内容になっています。

 

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
口コミをみる

ヴェンタリオ|マンダリンオリエンタル東京のランチビュッフェ【場所】

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ|外観マンダリンオリエンタル東京は、日本橋三井タワーに入っています。

最寄りは銀座線・半蔵門線の三越前駅です。

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ| アトリウム『ヴェンタリオ』があるのは2階

この広々空間で、開放感に浸りながら食事を楽しむことができます。

ヴェンタリオ|マンダリンオリエンタル東京のランチビュッフェ【料理】

料理

まずは、料理を知らなきゃ始まりません。

メニューは約50種類

今回は期間限定で、一部の料理に三重県の食材を使ったコラボ企画を行っていました。

 

モグくん

まずはコールドミール!

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ| ニース風サラダ新鮮な野菜にタマゴ・ツナ・アンチョビ・オリーブが入った『ニース風サラダ』。

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ| モルタデッラハムのサラダ『モルタデッラハム・かぼちゃ・さつまいも・キャロットのサラダ』クルミ添え。

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ| キノコのマリネエリンギ・シメジ・マッシュルーム・マイタケが入った『キノコのマリネ』

ドライトマトがアクセントになったトルコ料理の味付けです。

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ| ザジギギリシャヨーグルトにキュウリ・ハーブが入った『ザジギ』。

すっきした味わいで、どんな料理とも相性バツグンです。

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ| キャロットとアボカドのクリーム生ハムとオリーブ・チャイブが入った『キャロットとアボカドのクリーム』。

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ| ババガナッシュモロッコ料理の『ババガナッシュ』は、茄子のピュレとザクロを添えて。

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ| ナスのライスサラダロールこちらは独創的なビジュアルの『ナスのライスサラダロール』。

味もヨーグルト風味で、とってもユニークでした!

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ| マグロのカルパッチョ新鮮なマグロに、ライムとアボカドマヨネーズを添えた『マグロのマリネ』。

 

モグくん

続いては、ホットミール!

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ| ブリオット子羊のラグーとパプリカのパートブリックロール『ブリオット』は、サクサク食感がとても美味しいモロッコ料理。

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ| ロールパスタほうれん草とフレッシュチーズを使った『ロールパスタ』。

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ| ポルケッタ三重県産豚バラ肉のイタリア式ローストポーク『ポルケッタ』。

バラ肉の中には、ハーブで香りづけして調理した肉が入っている二重構造!

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ| ポルケッタとマスタードソース粒マスタードを使った酸味のあるソースをかけていただきます。

外の皮はパリパリ、中は柔らかくジューシー。

食感や味の違いを堪能できる最高の一品です。

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ| そしてこちらは、出来立てを席まで持ってきてくれる季節のパスタ。

この日は『豚肩肉のラグーソースとトレビス』のフジッリでした。

このパスタも本当に美味しくて、サッパリとしているようなソースでありながら、肉の旨味が凝縮されています。

フリッジとのバランスも素晴らしく、一気に完食してしまいました。

 

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
口コミをみる

ヴェンタリオ|マンダリンオリエンタル東京のランチビュッフェ【デザート】

どれもクオリティが高いです!

 

 一休掲載|マンダリンオリエンタル東京のビュッフェ(ヴェンタリオ)|マチェドニアフルーツがたっぷり入った『マチェドニア』。

 

 一休掲載|マンダリンオリエンタル東京のビュッフェ(ヴェンタリオ)|チョコレートムース濃厚チョコをたっぷりつかった『チョコレートムース』

 

 一休掲載|マンダリンオリエンタル東京のビュッフェ(ヴェンタリオ)|チーズケーキクッキーの上に乗った見た目もかわいい『チーズケーキ』

 

 一休掲載|マンダリンオリエンタル東京のビュッフェ(ヴェンタリオ)|ティラミスヴェンタリオ定番の『ティラミス』もカットされていて食べやすいサイズに。

 

 一休掲載|マンダリンオリエンタル東京のビュッフェ(ヴェンタリオ)|洋ナシのババロア見た目も美しい『洋ナシのババロア』

 

 一休掲載|マンダリンオリエンタル東京のビュッフェ(ヴェンタリオ)|パンナコッタと季節の果実『パンナコッタと季節の果実』

この日はラズベリーのピューレがかかっていました。

パンナコッタもぜひ食べていただきたい絶品デザートです。

 

 一休掲載|マンダリンオリエンタル東京のビュッフェ(ヴェンタリオ)|クレマカタラーナスぺイン北東部の地中海岸、カタラーナ州発祥のスイーツ『クレマ カタラーナ』。

少し固めのプリンのような味わい。

 

 一休掲載|マンダリンオリエンタル東京のビュッフェ(ヴェンタリオ)|アイスクリームアイスクリームもありました。

こちらは『塩キャラメル』フレーバー。

ほかにも

  • ストロベリーマスカルオーネ
  • ブラッドオレンジシャーベット
  • 山ぶどうシャーベット

がありました。

マンダリンオリエンタル東京『ヴェンタリオ』のビュッフェ【ドリンク】

また、通常のビュッフェにはコーヒー紅茶が含まれています。

種類も豊富で、飲み物を変更してのおかわりも可能です。

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ|カプチーノカプチーノにはマンダリンの扇子マークが入っています。

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ|マンダリンオリエンタルブレンドティーのおすすめは、マンダリンオリエンタルブレンド

烏龍茶をベースにベルガモットや龍眼(りゅうがん)と呼ばれるフルーツでブレンドされています。

烏龍茶と言っても渋みは全くなく、ライチに似た龍眼の甘い香りが広がる、マンダリンでしか味わうことができない逸品です。

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ|レモネードさらに今回は、ワンドリンクが付いているプランをチョイスしました。

今回はノンアルコールで大人気のレモネードにしました。

ぶどう味と柚子味のレモネードです。

ジャーに入ってくるので、量もたっぷり!

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
口コミをみる

ヴェンタリオ|マンダリンオリエンタル東京のランチビュッフェ【席】

『ヴェンタリオ』の総席数は120席

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ| 窓側エリア少人数の場合はだいたい窓があるエリアに通されます。

天井が高く、明るい光がとても気持ちい良いです。

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ| 窓側席窓の外からはコレド室町が見えます。

再開発されて美しくなった日本橋の街並みを見ながらの食事は、話も弾みます。

ヴェンタリオ|マンダリンオリエンタル東京のランチビュッフェ【料金】

通常料金

最後に料金を確認しましょう。

ランチの通常料金は、

平日4,347円(税サ込)
休日5,465円(税サ込)

です。

モグくん

通常価格はイヤ!お得なプランはないの?

あります。

一休.comからの予約がお得でした

ワンドリンク付いて通常6,024円→4,200円になるお得なプランがでています。

 

平日90分制で4,100円というプランもありました。

 

最も安い予約サイトは?

・一休     ◎
・オズモール  ✕
・食べログ   ✕
・ぐるなび   ✕

⇒ 調査した時は一休のプランが最安でした。

プランは時期によって変わってくるので、定期的にチェックしてみてください!

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
口コミをみる

グルメシュラン!!

ここで、グルメシュランのコーナー!

『ヴェンタリオ』の良かったところはこちら。

  • 料理が凝っていて美味しい!
  • 接客が素晴らしい!
  • 料金もそんなに高くない

『ヴェンタリオ』の料理は一つひとつ非常に凝っていて、食材も豊富に使用しています。

これだけの料理を作るのに、どれだけの時間と手間をかけているのだろう。

と、思わず考えてしまうほど。

見た目も美しく、ビュッフェ台を見ているだけで楽しくなります。

 

一休掲載|ヴェンタリオ(マンダリンオリエンタル東京)のビュッフェ|ポルケッタ記憶にしっかり残る料理やデザートも多く、ポルケッタやパスタ・パンナコッタはズバ抜けて美味しかったです。

 

デザートこの一流の料理でいて料金も4,000円から利用できるので、コスパの良さは尋常じゃないです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、マンダリンオリエンタル東京『ヴェンタリオ』をご紹介しました。

自分好みのお店なのかお分かりいただけましたか?

気になる方のために、サイトの比較をもう一度。

最も安い予約サイトは?

・一休     ◎
・オズモール  ✕
・食べログ   ✕
・ぐるなび   ✕

⇒ 調査した時は一休のプランが最安でした。

プランは時期によって変わってくるので、定期的にチェックしてみてください!

\今月のお得なプランはこちら/

一休.comで探す
口コミをみる

error: Content is protected !!