人気店のサマ割が解禁!驚きのプランはこちら!

【通販76日目】これが本当の味!?日本一しあわせな牛の牛乳をお取り寄せ

みなさんは、本当の牛乳の味を知っていますか?

いつも飲んでいる牛乳が、

本来の味ではなかったら・・・

 

本当の味

知りたくありませんか?

 

今回ご紹介したいのは、『ご当地牛乳グランプリ最高金賞』『料理王国100選優秀賞』を受賞するなど、実力は折り紙付きの牛乳。

 

「こんなおいしい牛乳はじめて!」

「牛乳嫌いだったけど、これなら飲めた!」

「もうほかの牛乳は飲めない」

 

など、すでに大きな反響を呼んでいます。

そんな奇跡の牛乳を作っているのは、なかほら牧場

なかほら牧場の牛乳がおいしい4つの理由

なかほら牧場

①自然放牧と草食へのこだわり

岩手県の6割を占める北上山系。

自然が息づくなだらかな山地に、なかほら牧場はあります。

牧場といっても、ここに牛舎はなく、牛たちは朝も昼も夜も、いつも自由。

好きな時に寝て、好きな時に草を食べて、一年中ゆったりと過ごしています。

 

なかほら牧場の牛2
「本当においしい牛乳は、健康な牛からでないとつくれない」

牧場長の中洞さんの情熱が、この山地酪農を実現させました。

なんだか牛も、幸せそうな表情をしていますよね。

②ジャージー牛へのこだわり

なかほら牧場の牛ジャージー牛は脂肪分が多く、牛乳がおいしいことで知られています。

しかし、ジャージー牛は体が小さく、乳量も少ないため、利益率を考えると一般的な牧場では飼育できません。

本当においしい牛乳をつくりたいと願う、なかほら牧場だからこそ、ジャージー牛の牛乳を味わうことができるんです。

 

牧場の風景3ところで、大自然の中で自由にくらしている牛を、どうやって捕まえて搾乳しているのだろう?

と、疑問に感じませんか?

なんと、牛乳がたまってくると、牛の方からすすんで搾乳のための牛舎に来てくれるそうです!

 

牛クリスマス
そんなことってあるの!?

と思ってしまいますが、どうやら牛たちは、搾乳の時にもらえるおやつがお目当てのようです。

まさに、物々交換!

③ノンホモ・低温殺菌へのこだわり

搾乳が終わると、牛乳の風味が損なわないよう「ノンホモ・低温殺菌」処理をおこないます。

一般的な牛乳はホモジナイズ処理(乳脂肪の均一化)をしたのち、高温殺菌します。

牛乳のモワッとする感じが苦手な方もいますよね。

実は、この時使われる薬品が、モワッの原因なんです。

なかほら牧場の牛乳はノンケミカルなので、モワッがありません。

④搾りたてを牧場から直送!

搾りたての牛乳は、広大な敷地内にある、なかほら牧場の工場に運ばれます。

そこでビンに詰められ、新鮮な状態で全国に発送されます。

ということで、さっそく牛乳をお取り寄せしてみました!

なかほら牧場の牛乳をお取り寄せ!

なかほら牧場の牛乳ボトル牛乳のサイズは全部で3種類

こちらは500ml入りのプラケース仕様です。

 

なかほら牧場の牛乳を注ぐ牛乳はよく振ってから注ぎます。

その理由は・・・

 

なかほら牧場の牛乳のバターおお!

なんとっ!!

表面にバターが浮かんでいます!

これこそ、ノンホモ・低温殺菌の証!

こんな牛乳、なかなかお目にかかれません。

 

なかほら牧場の牛乳コップお味は、上質な生クリームのような味わい。

濃厚さもありながら、すっきりとした飲み心地で、なんとも言えない不思議な感覚です。

これが牛乳本来の味なのか・・・

普段手にしている牛乳との違いは明らか。

軽くショックを受けるおいしさです。

牛乳も熟成する!?

最近では熟成肉が流行っていますが、どうやら牛乳も熟成するらしいんです。

それはノンホモ・低温殺菌のものに限るのですが、

製造後4~5日でおいしくなり始め、7~10日で味がピークななるそうです!

毎日少しずつ飲むことで、味の変化も楽しめますよ。

なかほら牧場のメディア実績がスゴイ!

なかほら牧場は、『ごはんジャパン』 『マツコの知らない世界』など、メディアにも多数登場しています。

最近では、7月14日にテレビ朝日の『食彩の王国』でも取り上げられました。

『食彩の王国』と言えば、ホンモノの食材にスポットをあてた「通」の番組。

さすがですね!

 

おいしいものには理由があるTVだけでなく、本でも紹介されています。

『おいしいものには理由(わけ)わけがある』
樋口直哉 著(角川書店)

日本人が未来に伝えるべき食材として、なかほら牧場の牛乳が紹介されています。

 

しあわせの牛乳本さらに!

こんな素敵な本が発売されました。

『しあわせの牛乳』

フォトジャーナリスト、佐藤慧さんと安田菜津紀さんが3年間取材を続けて作った本です。

山地酪農を始めとした、なかほら牧場の魅力がたくさん詰まった、子供から大人まで楽しめる内容になっています。

なかほら牧場の牛乳の口コミ

Twitterには、なかほら牧場の牛乳を実際に飲んだ方の投稿があったので、ご紹介します!

なかほら牧場の牛乳はどこで買えるの?

なかほら牧場の牛乳は、下記の直営店で販売されています。

松屋銀座本店  地下1階
03-5579-9224

JR名古屋髙島屋  地下2階
052-566-1101

遠方の方や、重たい牛乳を持ち帰るのが大変!という方には、便利なオンラインショップがオススメです!

『満天☆青空レストラン』でグラスフェッドバターが紹介されました!岩手県岩泉町の【なかほら牧場】



値段はいくら?

牛乳のサイズは全部で3種類。

  • 740ml(ビン) 税込 1,188円
  • 500ml(プラケース)税込 810円
  • 130ml(プラケース)税込 270円

 

継続して飲みたい方には、お得な定期コースもあります!

  • 740ml(ビン) 税込 1,188円1,080円
  • 500ml(プラケース)税込 810円 702円

送料はいくら?

購入の際は、クール便の送料がかかります。

商品をカートに入れ、お届け先を入力後に送料が表示されます。

ご参考までに、関東では 993円でした。

牛乳以外にも安全で美味しい商品がたくさあるので、あわせて注文してみるのも良いですね。

まとめ

今回は、牛乳本来の風味が生きた、日本一しあわせな牛の牛乳をご紹介しました。

ノンケミカルで臭みがなく安全な牛乳は、赤ちゃんや妊婦さんでも安心して飲むことができます。

牧場から直送なので、新鮮な牛乳を味わえるのも魅力ですね。

 

牛乳ボトルとコップ山地酪農ジャージ牛・ノンホモ低温殺菌と、三拍子揃った牛乳はとても希少なので、お取り寄せをしてでも飲む価値があります。

家族の健康のために。

また、友人やお世話になった方へのギフトに。

なかほら牧場のこだわりが詰まった本物の牛乳を、ぜひお試しください。

 

最後に、自然や牛に癒される、素敵な動画をご紹介します!

『満天☆青空レストラン』でグラスフェッドバターが紹介されました!岩手県岩泉町の【なかほら牧場】



アクセスランキング

 
第1位 バルバッコア

第2位 ハプナ

第3位 マーブルラウンジ

第4位 カスケイドカフェ

第5位 シェフズライブキッチン

error: Content is protected !!