人気店のサマ割が解禁!驚きのプランはこちら!

【通販47日目】明石家さんまさんの好物『みぶな』をお取り寄せ

ビュッフェレポーターのまりもです。

今回はお笑いBIG3、明石家さんまさんの好物を通販します。

引用:吉本工業ホームページ

カレーライス、ぶり大根、魚の煮付けなど、さんまさんの好物は多岐にわたりますが、選んだのは京漬物店の『みぶな』です。

というのも、2016年5月28日放送の「さんまのまんま」で宮迫博之さんが用意したお土産が『みぶな』。

好きなものランキングでは、すき焼きよりも上位とのこと。

番組では、『みぶな』が大好きな明石家さんまさんのため、「西利」「村上重本店」「赤尾屋」3店舗の漬け物を、宮迫博之さんが用意されていました。

モグくん

これは試さなくては!
ということで西利の『みぶな』 を通販しました。

【西利・ラブレ古漬壬生菜きざみ 125g】 【漬物・京都・みぶ菜・壬生菜・京漬物・乳酸菌・ラブレ乳酸菌・発酵】

楽天 475円(税込)+送料

① 『みぶな』とは?

 

『みぶな』という名前をあまり聞き慣れない方もいるかもしれませんが、『みぶな』は京野菜の一つとして、京都では古くから親しまれている野菜です。

水菜と同じ仲間で、水菜の葉っぱのギザギザが丸くなったイメージ。

シャキシャキした食感と、『みぶな』特有のほんのりした苦味が特徴的な野菜です。

名前は、京都の壬生寺(みぶでら)周辺で栽培されていたことが由来とされています。

今回は京野菜ということで、1940年に創業した京漬物専門店の「西利」から、『みぶなの漬物』をお取り寄せしました。

「西利」は独自の創作漬物が数多く揃うお店としても有名です。

 

引用:西利ホームページ

なかでも、千枚漬総理大臣賞を受賞した逸品です。

モグくん

これは期待できる!

② 『みぶな』を食べてみた

注文し、待つこと数日。

 

ついに届きました!

 

包装紙を開けると・・・

 

おお〜!見事に刻まれた『みぶな』が登場しました。

!?

『みぶな』もさることながら、パッケージに書かれた『ラブレ』という文字が気になりますね。

最近は『腸活』なんて言葉も流行っているので、発酵食品が腸や身体に良い事はみなさんご存知だと思います。

 

発酵食品といえば、ヨーグルトやチーズを想像される方も多いと思いますが、漬物も忘れてはいけない発酵食品の代表格。

そしてこの『ラブレ』と言うのは、京都の漬物から発見された植物性乳酸菌『ラブレ菌』のことを指します。

ペコちゃん

京都生まれなんてオシャレ!

 

植物性の乳酸菌は、塩分や酸が強い過酷な環境で育つので、生命力の強い菌として知られ、胃酸にも負けず、生きたまま腸に届いて活躍するそうです!

モグくん

とってもたくましい菌なんだね!

 

そんな西利の漬物には、『ラブレ菌』がたっぷり!

1994年9月に発売した西利・健康漬物「ラブレシリーズ」は、2000年には京都中小企業優秀技術賞を受賞。

免疫力を高め、腸内有害細菌の増殖を防ぐことが高く評価されました。

 

漬物と言うと、塩分が強い印象を持たれる方も多いと思いますが、西利の『みぶな』は塩分も全く気になりません。

それどころか、一緒に刻まれた生姜のほのかな甘みがあり、すっきりした美味しさ。

さすが京都と思える上品な味付けでした。

『みぶな』自体は冬野菜ですが、『みぶな』の漬物は、夏バテにも効きそうです。

 

今回は白いご飯と一緒にいただきましたが、おしるこなど、和菓子のお口直しとしても、相性が良さそうです。

来客があった際、お茶受けで和菓子と一緒に出したら、粋な演出になりますね。

③ まとめ

いかがでしたか?

今回は『みぶな』をご紹介しました。

テレビで見ない日はないほど、多忙な毎日を送っている明石家さんまさん。

元気の源は、生きたまま腸に届くラブレ菌たっぷりの『みぶな』の漬物かもしれませんね!

おいしい漬物を食べて健康になれるなんて、まさに一石二鳥。

みなさんも『みぶな』の漬物を食べて、健康な身体づくりを目指してみてはいかがでしょうか。

ペコちゃん

それでは、今日も明日も素敵な日々をお過ごしください!

【西利・ラブレ古漬壬生菜きざみ 125g】 【漬物・京都・みぶ菜・壬生菜・京漬物・乳酸菌・ラブレ乳酸菌・発酵】

楽天 475円(税込)+送料

アクセスランキング

 
第1位 バルバッコア

第2位 ハプナ

第3位 マーブルラウンジ

第4位 カスケイドカフェ

第5位 シェフズライブキッチン

error: Content is protected !!