40%offが続出!? 食べ放題やコース料理の人気プランが「最安値」なのはこちら

【ホテルビュッフェ編】まりもの採点基準を大公開

 

こんにちは。

まりもです。

ビュッフェ歴は30年以上。

都内のホテルビュッフェは、すべて制覇しました!

 

今回は、記事の中で紹介している『まりもの激辛通信簿』の採点基準をお伝えします。

 

採点点数をつけ始めたのはお店の評価を読者の方が一目で分かるようにしたい と思ったから。

もちろん、点数は感覚や気分的なもので付けているわけではありません。

項目ごとに細かく分析して採点しているので、それぞれ説明したいと思います。

ペコちゃん

それではいってみましょう!

① 料理の「味」はどうか

手国ホテル料理やデザートの味は50点満点で評価しています。

50点  感動する味
45点  すごく美味しい味
40点  美味しい味
35点  満足できない味

「美味しい」と思うレベルを40点、「すごく美味しい」と思いレベルを45点に設定しています。45点以上は美味しくていい素材が使われているのが大前提。味に深みがあったり、素人では到底思いつかないような味付けで感動した場合は、感動の度合いに応じて加点しています。

逆に40点以下は、特筆するほどの味ではなく、質より量に力をいれているようなホテルビュッフェに多い傾向があります。特にホテルメイドではなく、一部冷凍系や仕入れのものが混在しているようなビュッフェは、だいたい40点前後です。

 

カフェ期待を超える一流シェフの味を提供してくれるハイアットリージェンシー東京の『カフェ』や、

 

スカイこだわり抜いた食材と、出来立てを提供してくれるニューオータニの『THE Sky』は、文句なしの50点満点です。

 

\50点満点のお店リスト/

【グルメシア史上最高点】ホテルニューオータニ「THE SKY」のビュッフェ 【極上レストラン】ピャチェーレで贅沢なランチビュッフェ|シャングリラホテル東京 【神がかり的なローストビーフ】ハイアットリージェンシー東京『カフェ』のビュッフェがヤバい! 帝国ホテルのビュッフェ『サール』は伝説を創った名店です 【ザテラスは最高峰】ウェスティンホテル東京のランチブッフェ 【絶品和牛バーガーを堪能】フォーシーズンズホテル丸の内のランチビュッフェ

② ビュッフェの「種類」は多いか

コールドミール種類は10点満点で評価しています。

10点 70種類以上
9点 60種類以上
8点 50種類以上
7点 40種類以上
6点 30種類以上

ランチビュッフェのメニューは、30~40種類くらいが平均値です。

そこで、公式ホームページや一休・OZmallのプランに記載されている種類を基準に、70種類以上あれば10点、30種類しかなければ6点をつけています。

難しいのがお店によってカウント方法が異なることです。

 

サラダコーナー例えば、サラダコーナーを1種類とカウントしているお店もあれば、レタス、コーン、人参、、、と複数カウントしているお店もあります。また、数種類のアイスクリームを複数カウントするお店とそうでない店もあるため点数を多少調整しています。

帝国ホテルの『サール』は公式ホームページだとメニューは40種類と記載されていましたが、実際に行くと明らかに60種類以上あったので加点しました。

 

satsukiちなみに、一番種類が多かったのはホテルニューオータニ『SATSUKI』でなんと180種類です。

通称『新・最強の朝食』です!

 

\品数が多いお店TOP3/

180種類
【最強過ぎる】ホテルニューオータニのSATSUKIは最強の朝食でした 150種類
【品数を知って心が震えた】浅草ビューホテル『武蔵』のランチビュッフェ 100種類
【説明不要の神コスパ】カスケイドカフェのビュッフェ|ANAインターコンチネンタルホテル東京

③ 「席」の雰囲気はどうか

セリーズ席は10点満点で評価しています。

10点 スターが来ても違和感がないレベル
  9点 お店の雰囲気に感動するレベル
  8点 少し高級感を感じるレベル
  7点 最低限欲しいレベル
  6点 少し物足りないレベル
  5点 ファミレスレベル

内装やインテリアの豪華さはもちろんのこと、絨毯の厚み、テーブルクロスの有無、景色、隣の席との距離などを総合的に評価しています。10点はハリウッドスターが来ても違和感のないレベルです。

 

シャングリラ入った瞬間に別世界だとわかるシャングリラホテルの『ピャチェーレ』や、

 

ヒルトン東京吹き抜けを利用した立体的な空間のヒルトン東京の『マーブルラウンジ』は文句なく10点でした。

 

\席が10点満点のお店/

【極上レストラン】ピャチェーレで贅沢なランチビュッフェ|シャングリラホテル東京 【完全解説】ヒルトン東京のスイーツビュッフェの極意|マーブルラウンジ 【絢爛豪華】フレンチキッチン|グランドハイアット東京のランチビュッフェ 【絶品和牛バーガーを堪能】フォーシーズンズホテル丸の内のランチビュッフェ 【地上144mの空中庭園】ホテルニューオータニのタワービュッフェを徹底解説 【伝統のランチブッフェ】ホテルニューオータニのガーデンラウンジ 【贅沢な時間】オールデイダイニング オアシスガーデンのランチバイキング|プリンスギャラリー東京紀尾井町 【完全解説】ヒルトン東京お台場のビュッフェ|シースケープ テラス・ダイニング

④ どのような「客層」か

客層客層は10点満点で評価しています。

10点 上品で育ちの良さそうな人が多い
  9点 落ち着いた夫婦や家族がメイン
  8点 子供もいるが気にならない
  7点 ホテルビュッフェの許容範囲
  6点 団体客や騒ぐ子供が気になる
  5点 むむむっ?な人がけっこういる

客層を判断する客観的な指標を作ることが難しかったため、取材のうえ、実際に見たことをもとに点数をつけています。

団体客騒ぐ子供が多いと落ち着いて食事ができないので点数は低くしました。

 

ファミリーもっとも、ファミリーなどは、ある程度騒がしいお店の方が子供を連れて行きやすいので、7点くらいの方が気楽に楽しめるかもしれません。

⑤ 「料金」は安いのか

一休のプラン料金は10点満点で評価しています。

【ランチの目安】

10点  2,600円未満
  9点  3,000円未満
  8点     3,500円未満
  7点     4,000円未満
  6点     4,500円未満
  5点  4,500円以上

一休やOZmallでの割引料金が平日ランチで2,600円未満だと10点、4,500円以上だと5点です。

よく掲載されている割引料金を基準としており、不定期に掲載されるプランは若干の加点事由としています。

料金の高いお店は料理がおいしいことが多いですが、お財布にやさしくないので低い点数をつけています。

ロイヤルパークホテルの『シンフォニー』や赤坂エクセルホテル東急の『スクエアダイニング』は、2,500円と破格で食べられる日が多いので10点がついています。

なお、ハイアットリージェンシー東京の『カフェ』やホテルニューオータニの『トレーダービックス』など、土日しかビュッフェを開催しておらず平日の料金がないお店に関しては、土日の料金を基準に点数を算出し+1点の補正を加えて点数を算出しています。

※ディナーやデザートビュッフェは別途補正を加えています。

\リーズナブルなお店/

【銀座で贅沢】ミレニアム三井ガーデンホテル東京|SAIのランチビュッフェ 【割引率がすごい】ロイヤルパークホテルのランチビュッフェ|シンフォニー 【高コスパ過ぎる】和ビストロいちょう坂|品川プリンスホテルのビュッフェ 【上質なおもてなし】リーガロイヤルホテル東京のランチビュッフェ|フェリオ 【お墨付き】赤坂スクエアダイニングのランチビュッフェ|赤坂エクセルホテル東急 品川大飯店(孫悟空)の中華ビュッフェが大反響の理由|品川プリンスホテル 【美味い×お得】ロイヤルパークホテル汐留|ハーモニーのランチビュッフェ 【和風ビュッフェ】新宿プリンスホテルの風雅は最上階の特等席

⑥ 「接客」は心地よいか

接客接客は10点満点で評価しています。

10点 サービス料に納得できる程の接客
9点  気がきき、温かみのある接客
8点  気がきく接客
7点  機械的な接客
6点  接客の意識が乏しい

一流の接客は一朝一夕にできるのもではないので、日頃からお店がどのように従業員を教育しているかが如実に現れます。

お皿の交換頻度ライブキッチンでのシェフの振る舞いアクシデントの対応会話した時の雰囲気などを総合的に評価しています。

10点をつけたマンダリンオリエンタル東京の『ヴェンタリオ』やロイヤルパークホテルの『パラッツオ』は、マネージャーだけでなくホールスタッフやシェフを含めた全ての従業員が、自然であたたかみのある接客をしていたので感動しました。

【荘厳な地中海料理】ヴェンタリオ|マンダリンオリエンタル東京のランチビュッフェ 【幻のビュッフェ】ロイヤルパークホテルのパラッツオはコスパ抜群でおすすめ

まとめ

いかがでしたか?

今回は、まりもの採点基準についてお伝えしました。

味の好みは人それぞれですし、担当した店員さんによって接客の印象も全然変わります。

なので、まりもの得点は、あくまで「一つの目安」と思ってくださいね。

それでは。


アクセスランキング

第1位 バルバッコア

第2位 ハプナ

第3位 マーブルラウンジ

第4位 カスケイドカフェ

第5位 シェフズライブキッチン

error: Content is protected !!